2016-11-22(Tue)

「百ヶ日」


今朝がたの地震、ビックリしました。
津波まであり、大震災を思い起こしました。
地震大国日本。
忘れてはいけないと改めて思いました。



今日は、シロの「百ヶ日」です。
「百ヶ日」というのは、
四十九日の審判で
あの世での行き先が定まらなかった故人が
閻魔さまに再審判を受ける日なんだそうです。

1a_2016112118292427c.jpg

それから、
百か日法要は卒哭忌(そっこくき)とも呼ばれ、
この百か日法要をもって、
残された遺族は「哭(な)くことから卒(しゅっ)する(=終わる)」、
つまり、悲しみに泣きくれることをやめる日でもあるそうです。

今日は、シロの最期を記したいと思います。
続きは、亡くなった後のシロがいます。
いやな方は、ココでスルーして下さい。










拍手する

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

よろしければ1日1クリックお願いします。(__) 



シロは、突然調子が悪くなりました。
食欲が落ちてきて、
8月に入ると、便秘になりました。
その頃は、食事も強制給餌していて
食べる量が少ないからかとも思ったのですが、
1週間近くでなくなりました。

病院に行き、お通じがでる薬をもらいましたが、
飲もうとしてくれませんでした。

「摘便」や「浣腸」もストレスや体に負担がかかる事です。
でも、「水浣腸」だと体に負担がないとネットでしり、
獣医に尋ねましたが、
「水(液剤が入らないぬるま湯)浣腸では、
水分を吸うだけで効果が無い」と獣医に言われ、
「ただ、浣腸は負担が大きいから」と
シロのその時の状態を考えると
獣医も悩んでいました。
ただ、確実に堅くなった便があるのがわかったので
薄い液を作って頂いて、
浣腸に踏み切りました。
大きな塊が一つ、診療台に落ちて、
ゴトッと音がしました。
それくらい硬くなっていました。

浣腸後、家に戻ると
キャリーから出てこれなくて
立ち上がれなくなりました。

しばらくすると
少し食べれて、よろよろですが
動けました。

でも、数日で寝たきりになりました。

その頃、地方大学に通う子熊が
シロに会いに戻ると言ってましたが、
彼女の戻れるとする日は、
その頃より10日も後でした。

なんとなく、そこまでシロが待てない気がしました。

子熊にそのことを告げると、
何とか2日後に戻ると言い出しました。
電話口をシロの耳元に近づけて
子熊の声を聴かせました。

「私が戻るまで待っててね」とシロにいうと、
シロがうなづきました。

その頃には、
眼が全体的に黒眼に見えました。
眼圧が上がっていたのかもしれません。

8月14日

食べれなくなっていて
病院は、少し距離があるので
シロの体力では辛いかもしれないと感じ、
もう最後かもしれないという気もして
獣医さんに連れて行きました。

新しい輸液などを頂いて
「もう連れてこれないかもしれない」と
先生や看護師さんにお話ししました。

何故かその夜帰宅した熊夫が、
「シロと一緒に寝る」と
シロのいるリビングで添い寝しました。


そして、翌日15日

子熊が戻ってきました。

その日、何度か痙攣が起こっていました。

子熊が家に戻ってきました。
教授やアルバイト先、お友達に
「身内の容体が」と話して
大学を休んだり、アルバイトを代わってもらったりして
やりくりして戻ってきたようです。

家につくとすぐ、寝ている
シロをなでたり、声をかけたりして
ずっとそばにいました。

丁度、私が昼食作りをして時に、
子熊が少しシロから離れていました。
すると、シロが痙攣をおこしたのをみて
その場から離れられなかったため
子熊を呼びました。

慌てて子熊が戻って
シロの側にいて、なでたり
声をかけたりしていましたが、
しばらくして、

シロが息をしていない」と言い出しました。

それがシロの最期でした。

時計をみました。12時25分。
子熊が戻って1時間あとの事です。

シロは、約束通り
頑張って子熊を待っていたのだと思います。



亡くなってすぐ、
子熊と私とでシロの体をシャンプーしました。
状態的にお風呂は入れられないかったので
拭いてあげるしかなかった、
強制給餌やおもらし(最後の方はオムツをした)で
汚れた体をきれいに洗ってあげました。

少し開いていた眼も
子熊が閉じてくれました。





2_201611211807156e0.jpg






3_20161121180716658.jpg







4_201611211807174de.jpg

UT Clean
発病初期に2度ほど膀胱炎になりました。
獣医に勧められたのがこのサプリ。
シロには合ったようで
その後は一度も発症しませんでした。
新品のままです。







5_20161121180711d6a.jpg

14日にもらったお薬やら輸液も
そのままです。

シロ、もう少し一緒にいたかったな。。。







6_20161121180819b86.jpg

帰ってきて良かったと泣きじゃくってた子熊でしたが、
その夜は、
子熊がシロと添い寝をしてくれました。

快晴の朝。






7_20161121180821218.jpg

シロは気持ちよさそうに眠っています。
お別れの朝です。





8_201611211808231ab.jpg

シロが大好きだった
お外を見せてあげます。

私は、仕事が休めないので
熊夫と子熊に託してシロとお別れしました。





9_20161121180825c70.jpg
観蔵院ペット霊園 ニルバーナ(H.P)

今までお別れした子たちは
獣医さんに紹介された
府中にある慈恵院(H.P)という
とても古くからある立派なお寺で眠っています。

でも遠いため、逢いにいけないこともあり、
近くの霊園を探しました。

コチラはあまり情報がなくてどうかなぁと思ったのですが、
保護ねこカフェ はっぴーねこちゃん(H.P)を主催されている方が
そちらにご寄付でお墓を建てられたと
フェイスブックで知り、お願いすることにしました。


近くだと、車でお迎えに来て頂けると言うことで
お願いしました。
子熊がシロを、
抱いて連れて行ったそうです。







10_2016112118081902a.jpg

子熊がシロをお花で飾りました。







11_2016112118091358c.jpg

手で持っているイメージなんだそうです。

シロが若い頃、
子熊の「しまじろう」の付録の布ボールを気に入り、
投げるとくわえて持ってくるのが
大好きでした。
そのおもちゃも、入れてもらえました。






12_20161121180911d9c.jpg

御骨をみた、担当の方が、
「老衰ですか?」と尋ねられるくらい
シッカリしたお骨だったそうです。

慢性腎不全さえなければ、
シロはもっと長生きできたのだと思います。
東大の研究(参考H.P)期待したいです。

獣医さんも、
「最期に尿がでなくなるまで頑張れる子はまれ。
お母さんたちも頑張ったけど、
シロちゃん、本当に頑張りました」と
褒めて下さいました。





13_201611211809120b4.jpg

約束通り、子熊を待ったシロ。
忘れっぽい私が忘れないような
「8月15日」を選んでくれたシロ。
そして、ニルバーナさんから頂いた葬制をみて
ビックリしました。

シロの百か日である今日、
「悲しみに泣きくれることをやめる日」
それは、偶然にも私たちの結婚記念日なのでした。
さらにペット感謝デーだそうです。11月22日(ワンワン・にゃんにゃん)

そして、荼毘にふす時、そしてそのあとの49日、
そして今日も、
昨日の天気がウソのように快晴です。
「天気にしたから逢いに来いニャ!」的な。。(笑)

もう、あっぱれです。
シロはやはりスゴイ猫でした。

シロ、ありがとう。
大好きだよ。忘れないからね。







●観蔵院ペット霊園 ニルバーナ
練馬区南田中4-15-24
℡:0800-800-2687(フリーダイヤル)
(最寄駅:練馬高野台・井荻)

関連記事






テーマ : ねこ劇場
ジャンル : ペット



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

また涙出ました。

お久しぶりです。またりんりんです。
シロちゃんの最後はこんなふうだったのですね。読んでて涙が出て鼻も出て ズルズルです。よくがんばりましたね、シロちゃん。猫ちゃんを飼っている方のブログを いくつか読んでいるのですが どの方もそれはそれは愛情たっぷりで猫との生活を楽しんであります。
猫ちゃんの人生は人間より短いけれど
その短い期間 とても濃い時間を 愛しい時間を過ごしているのでしょうね。
またマイペの頃を思い出しました。
あぁ時は流れていますね。

りんりんさん

わぁ~!りんりんさん♫
お元気ですか?
先日、陥没事故があったので
心配していたのですが、
お元気そうで良かったです。

本当にシロは、
よく頑張ってくれました。
悪くなってから亡くなるまでが
早かったので、シロにとっても
苦痛は少なかったかもしれません。
亡くなる直前は、絶叫する子もいるらしいですが、
本当に静かにあっという間でした。

シロという猫は、利口で本当にいい猫で、
あっぱれとしか言いようがないくらいです。
親ばかかもしれませんが(^ ^;)

マイぺを始めた頃は、
シロも子熊も小さかったのにね。
私もりんりんさんも若かった(笑)
本当に時はながれますね。
プロフィール

森のくまくま

Author:森のくまくま
くまくま村へようこそ!

たま~につぶやいてます。
Lc.ツリーカテゴリー
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア


ねこのきもち「みんなでつくる猫種/柄図鑑」

↓こちらの ランキングは
ポチなしで大丈夫です。


フリーエリア ♪♪










フリーエリア ♪♪♪












カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア

リンクリスト
おススメします♪
素材サイト様
当ブログがお世話になっているフォントサイト様。

Second Wave
あくび印
RSSフィード