2012-07-16(Mon)

被災地



①

熊夫が仕事で宮城の被災地をまわってきました。

仙台空港から海岸線近くを北上しましたが









②

残骸は撤去され、かつての街は跡形もなく消えており
わずかに残る基礎から家の間取りが推測できるのみです。








③

かろうじて残っている建物はこのような感じです。





④

完全に撤去されたわけではなく
津波の爪痕は
まだいたるところに残っていました。





⑤

かつてここには人々の生活があり、たくさんの笑顔があったはず。
今日はこれ以上言葉が見つかりません。

亡くなった方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

この画像は、少し前のものなので
今はもう少し片づけられているのかもしれません。

けれどまだまだ
復興には程遠いんだという事を
忘れてはいけないと思います。


北は津波、放射能、
南は豪雨、
次々に起こる不幸。
いったいどうなってるんでしょうか。






関連記事
拍手する

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

よろしければ1日1クリックお願いします。(__) 



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

どうなってもこれを乗り越えねばなりません。
現地の方々が挫けそうになったら手を差し伸べねばなりません。
自分ができる限りの方法で。
私も仕事で仙台に行った時、飛行機から見た光景に絶句しました。
高速道路の土手が辛うじて津波の防波堤になったようでした。
まだまだ復旧には時間がかかりそうです。
嗚呼。

侍従長さん

自然って本当に力があるんだなぁと思います。

少しでも元の生活に近づくように
自分にできる限りの方法で。。

ニュースを見ていると
日々新しい話題になっていくけど
明日にも自分の周りで起こる可能性もあること。
他人事と思わず忘れちゃいけませんね。

実際に現場をまのあたりにされると、TVや新聞の報道を見ただけでは伝わらない悲惨さが強く伝わってきて、さぞ熊夫さんやりきれない思いでおられた事でしょう。

世界中から集まったたくさんの義援金はどんな風に使われているのでしょう・・・一日も早く復興できる事を心から願わずにいられませんね。

baranekoさん

義援金、確かにすごく集まったと思うのですが
前に義援金かどうかは忘れましたが
多少被害者に配られたと報道された以外
どうなったのか報道されてませんよね。

被害にあわれた方の為に
ちゃんとつかわれているのか
気になりますよね。
プロフィール

森のくまくま

Author:森のくまくま
くまくま村へようこそ!

たま~につぶやいてます。
Lc.ツリーカテゴリー
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア


ねこのきもち「みんなでつくる猫種/柄図鑑」

↓こちらの ランキングは
ポチなしで大丈夫です。


フリーエリア ♪♪










フリーエリア ♪♪♪












カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア

リンクリスト
おススメします♪
素材サイト様
当ブログがお世話になっているフォントサイト様。

Second Wave
あくび印
RSSフィード