FC2ブログ
2019-03-06(Wed)

⑪ミミとの生活


私が選択したのは、
ミミの鼻腔栄養でした。

ミミが長く生きられないのは
わかっていました。
ただ、口腔内で上あごが落ちていても
食べることをあきらめないミミ。
だからせめて
空腹感がない状態にしてあげたかったのです。





膿がでていて呼吸がしずらい
左の鼻腔からは
顔が左によっているせいか
チューブがうまく通らず、
本当はそのままにしたかった
呼吸も楽にできている
右からチューブをいれてもらいまいした。






2_20190304141947118.jpg

医師からは
とにかく体重が戻れば
抵抗力も上がる可能性があるという
お話もありました。





3_20190304141949faf.jpg

医師から教えてもらって
鼻腔栄養を開始しました。

冷たいままでも良いといわれてましたが、
胃に直接入るから
ロイヤルカナン猫用 腎臓サポート リキッド をシリンジにいれて
ビニール袋にいれて、
湯せんで温めたものを
ゆっくりとチューブから流し込みます。





4_20190304141950d66.jpg

最初jはおっかなびっくりでしたが、
慣れてくると
強制給仕より簡単だし、
ミミにも私にもストレスが少ないと感じました。







5_20190304141952b2e.jpg

鼻腔栄養を始めると
ビックリするような良い便が出はじめました。
体重も増え始めて
先生方も驚くやら
喜ぶやらでした。






6_20190304141954e56.jpg

チューブが邪魔なので
伸縮性のある
ネットを首輪のようにして
フェイルとで猫の部分はミミ部分に
空間を開けた袋状のものを作りました。

ネットは、チューブの余った部分、
猫の部分にはシリンジを注入するフタを
仕舞えます。

苦しそうに見えますが、
意外にもミミは
チューブを気にする様子はありませんでした。
良い方の鼻からチューブをいれたのですが、
鼻の周辺も気にならないようでした。

引っ張ることもありませんでした。






7_20190304141955fb8.jpg

病院へ行くごとに体重が増えていきます。
抵抗力が付いてくるかもしれないと
期待が高まります。



続きは、『血』が平気な方だけお進みください。







<続きを読む>

拍手する

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

よろしければ1日1クリックお願いします。(__) 



2019-03-05(Tue)

⑩ミミとの生活





2018.01.15
昔なら成人式の日。






2_20190304120644557.jpg

今日も湯たんぽでくつろぐミミ。





3_20190304120645fb9.jpg

このころは、
口からの出血、くしゃみ、鼻水、
眼からの膿などで
拭いても拭いても顔はぐしゃぐしゃでした。

お腹はすいているみたいで
ウエットもペーストも
顔を突っ込むようにして食べます。

が、食べてもすぐクシャミで
周り中に飛び散り、
水を飲むと、そこにドロドロと口の中に
あったであろうフードがが流れて
水が汚れていきます。

飛び散ったフードは、
ゲージの周りに巻いている
ビニールに飛び散りました。

それを掃除するのが
ご飯の時間後の日課になりました。

途中からゲージの壁面に
タオルを張り巡らせました。

そうすると、タオルが飛び散ったフードを
受け止めてくれるので、
その分、ビニールへの飛び散りが少なくて済みます。

タオルは、手洗い。
ただ、手洗いタオルの量がものがすごい勢いでしたが(;^ω^)








4_201903041206472b7.jpg

かなりつらいだろうに
ミミは相変わらず
ゲージから出たがって動きます。

階段にチャレンジしますが、
やはり体力がないのか
1段目より上にはいきません。




5_20190304120648d62.jpg

細いのと、ふらつきもあるので
心配する横で




6_20190304120650fc6.jpg

上手に降りてくれました。




<続きを読む>

拍手する

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

よろしければ1日1クリックお願いします。(__) 



2019-03-04(Mon)

⑨ミミとの生活 湯たんぽと病院泊




2018.1.03
湯たんぽ大好きでとにかく湯たんぽの上に乗っています。








2_201903041134498a6.jpg
ファシーの湯たんぽは
性能がいいのか、
子供用の小さいサイズなのですが、
熱めのお湯を夜入れておくと
お布団に入れているわけではないのですが、
朝もぬるま湯でとどまってくれています。








3_20190304113450646.jpg

実父が亡くなったと連絡がきて
フクとミミを置いて
実家に向かうことになっていました。

フクは、ペットシッターさんに、
そして、こんな状態のミミは
やはり心配なので
獣医さんに預けることにしました。

・・といっても
24時間対応ではないので
夜間は誰もいない為、
悩んだのですが・・・

口腔内の状態や
強制給仕などのこともあり、
やはり獣医さんにお願いしました。





4_20190304113451543.jpg

もちろん、湯たんぽも持っていきました。





5_201903041134532ce.jpg

葬儀などが終わり、
ミミをお迎えに行くと、
「ほんとに湯たんぽが好きなんですね~」と
獣医さんや看護師さんに
微笑まれてました(笑)





6_20190304113454790.jpg

おむつをしていても
ちゃんとトイレで用を足してくれます。








<続きを読む>

拍手する

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

よろしければ1日1クリックお願いします。(__) 



2019-02-20(Wed)

⑦ミミとの生活~ フクとミミ


猫エイズを発症したと思われるミミは、
少しずつ容姿が変わってきます。

正直、かわいいとかキレイではないです。
私たち家族にとっては、
どのミミも可愛いですが。。

でも、12年野良猫だったミミの
生きてきた証を残したいのと
興味本位だとしても
「猫エイズ」のことや
頑張ったミミを知ってほしいので
アップします。

なので、本当に嫌な方はスルーしてください。







2017.11.17
あまり歩くこともなくなり、
私が外にだして、
猫壱の爪とぎの寝かせると気持ちよさそうに寝ています。

フクがのぞきにきました。







2_20190217124809e53.jpg
便は多少軟便気味。









<続きを読む>

拍手する

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

よろしければ1日1クリックお願いします。(__) 



2019-02-19(Tue)

⑥ミミとの生活



猫エイズを発症したと思われる
ミミは、免疫が落ちてきて
少しずつミミの容姿が変わってきます。

正直、かわいいとかキレイではないです。
私たち家族にとっては、
どのミミも可愛いですが。。

でも、12年野良猫だったミミの
生きてきた証を残したいのと
興味本位だとしても
「猫エイズ」のことや
頑張ったミミを知ってほしいので
アップします。

なので、本当に嫌な方はスルーしてください。





左目は変わらないままですが、
元気にすごしていました。
外で探検するのがたのしいらしく


2017.10.26
秘密基地でくつろぐ。
(猫用品の上に乗ってました(笑))







2_201902171226248b1.jpg

脱毛はそのまま・・というか広がってる気もします。





3_20190217122625eff.jpg

2017.10.27
食欲は、やはり落ちてきましたが、
この日の午後にだしたウェットフードは
きれいに一袋全部食べてくれました。






<続きを読む>

拍手する

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

よろしければ1日1クリックお願いします。(__) 



プロフィール

森のくまくま

Author:森のくまくま
くまくま村へようこそ!

たま~につぶやいてます。
Lc.ツリーカテゴリー
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア


ねこのきもち「みんなでつくる猫種/柄図鑑」

↓こちらの ランキングは
ポチなしで大丈夫です。


フリーエリア ♪♪










フリーエリア ♪♪♪












カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア

リンクリスト
おススメします♪
素材サイト様
当ブログがお世話になっているフォントサイト様。

Second Wave
あくび印
RSSフィード